ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

あなたのブログに匂いはある?究極の物販コピーライティングとは?

ネットで稼ぐにはコピーライティングが必要不可欠、一にも二にも表現力、集客力なんて言われているので、さらにもう一点追加してみようと思う。

話はちょっとそれるのだが、今のテレビがどう転んでも、表現できない手法が「匂い」

 

視覚,聴覚,そして触覚の部分まではテレビゲームの発展とともに限りなく可能になってきているのだが、最後の人間の本質的感性である「嗅覚」を伝えるメディアだけは登場していない。

 

 

f:id:nihongo1000:20150723114125j:plain




つまり、「匂いの出るテレビ」が作れないのだ。

でも赤ちゃんは目が見えない時は全て触覚と嗅覚と聴覚に頼ってお母さんを探す

 

 

つまり人間が地上で生きるうえでまず初めに身に付ける感性がメディアからは抜け落ちているのである。

これは本当かどうか分からないが、人間は見た物,聞いた音は忘れやすいが、一度覚えてしまった「匂い」だけはどうしても離れないという説がある。

だから、たいてい嫌いな食べ物は匂いから始まってるでしょ?

鼻をつまんで物を食べると味がしないことからも分かるように鼻と味は直結する。味は生きるために毒をかぎ分ける防衛本能だ。

まあ、難しくかいちゃったけど、とにかく匂いの表現って大切ですよ!っていうこと。

でも、物販系商品紹介のブログ,アフィリエト記事を読んでいると、意外とここにこだわっていないな?というものが多かったのでアドバイスとして書いて置く。

 

キャッチコピー云々、○○の法則とかにハマる前に、一つ注意して欲しいと思う。

視覚的なインパクトに頼りすぎて、嗅覚を無視しているんじゃないですか?相手にブログから匂いまで感じさせるような工夫はないですか?

ちょっとした風の香りを感じさせる、そんな商品説明の方法はないですか?

f:id:nihongo1000:20150723114342j:plain



単に「今日の醤油ラーメンがうまい!!」

なんてやっても伝わりませんよ?人は鼻から味を感じているんですよ?もう少し記事の書き方を工夫してみてはどうでしょうか?

無理なようでもここは大きな差別化になる。写真や動画は大切です。でももう一歩踏み込んで記事を書くとね・・・

相手の想像力が爆発するのさ!!

 

生々しい匂いこそが究極のコピーライティングなのだ!