ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ネットで最高に稼げる人の発想法や思考法、市場開拓のやり方知りたい?

うーーーん先生。やっぱり国際貿易系の仕事がしたいです。輸入ビジネスやってみたいです。

日本で売れるものってないですかね?

という質問がこの時期から毎日のように始まる。

中国のように汚染を垂れ流している国から来た留学生は、授業を受けるにしたがって

そろそろ「エコビジネス」というありきたりなキーワード、環境投資みたいな現実味を書いたことを言わなくなってくるのだが、実際のところ何が金に変わるのか?

その話に興味深々。

だって日本に来る理由は観光じゃなくてビジネスを学びに来てるから。貧乏になるために留学するアジアの人などいやしない。

まあ、それはおいといて、実際に最近の講義をシェアしよう。

f:id:nihongo1000:20150711215416j:plain

 

 

お金をネットで稼げる人の発想法と考え方



① 金の鉱脈は大人から子供へ移動する。

欧米→日本→アジアという流れは確かにあるので、身近なところで言うと

大人から子供の世界に「欲が伝播する」その流れを考えることが大切。


例えば「欧米の行き過ぎティーンエイジャー」

車乗って、お酒飲んで、化粧して、〇〇して。

これが日本になると、女子高生の化粧になって、中学生のファッションに降りて、小学生の子供服になって、伝播したのではないかと思う。

要は大人を子供がまねたのだ。

だから、大人の悪~い行動を子供がまねていくから、その流れをみてごらん?(笑)

ということで社会問題を見るときに、軸を大人から子供へと引いて講義する。

実際の講義では大人が今はまっているものが、そのまま子供の世界に降りてくる可能性がないのか?

ちょっと考えて見てよ!

という感じでブレインストーミング

例)

大人のクラブ→ダンス→小学生の体育の授業へ

・・・お金動きまくってませんか?

大人のクレジットカード→中高生のスイカ利用へ

・・・・気づかないうちに消費が!!


みたいに20歳以上の特権が、下にうつっていく過程を観察してもらう。


「ませガキが世の中の経済を動かしている」のである。


もう一方で逆の発想法もある。


今までは「それって子供のやることでしょ?」

と思われていた行為がどんどん大人の世界に降りてきているのだ。


まあ、大人になれない子供と言った方が良いのかもしれないが・・・。

例)


子供がジャニーズにはまる→かあゃんハマる。

・・・大人のためのジャニーズで金が動く


             母ちゃんディズニーで大暴れ
             ・・・よく見かけます。
           ↗
女の子のシンデレラ願望→ 父ちゃんメイドカフェに!?
           
           ↘  おばちゃんもメイド服
             ・・・・いるんですって!!


でもこれってリアルではなかなか表現できない。

だったらネットビジネスの世界に持ち込んであげればマーケットができるのである。

母親のためのディズニー企画。旅行会社は作ってはどうだろうか?


---------------------ここまでが学生相手の授業で楽しめる話題------------------


で、さらにちょっと社会人の方向けに話題を深めてみたい。こういう発想で、ビジネスをとらえてはどうだろうか?

ということ。

f:id:nihongo1000:20150711215527j:plain





相続税などを例にあげるまでもなく、とにかくお金をもっているのは60代以上。

若者はもっていない。

ではそのお金を持つ団塊の世代がどこにお金を落とすのか?

もちろん子供や孫に!

ということもあるけれど、自分のために使うなら?

それは自分が「子供になる」ために使っていくのではないか?と思われる。

身近なところでは定年後の大学受験がきっと増える。専門学校に行きたい60代も増える

・・・でもニーズはあっても情報が少ないし、現実に受け入れる箱がない。

他にも60代以上のジム通いが圧倒的に増えている


多分、ゲーセンにはまる60代が増える。カジノみたいにオシャレになるかもしれないが。


ガキっぽいですよね?でもきっと経済が回る。

今度は逆転の発想だ。


他にも20代でジジくさい、ババくさい行動をとる20代が増えると思う。


すでにそういう言葉があるけれどね!

○○男。〇〇女っていうやつ。

背伸びじゃなくって、本当に行動がおじさんくさい。

ワンカップで競馬場に向かう20代女子が増える・・・・かもしれない。

20代で休日の犬の散歩が趣味の大学生が増える・・・かもしれない。


きっとここに大きな需給ギャップが起こる。でも対面のリアルビジネスではリスキーだ。

だったら、こんなブログ作ってみては?

① 20代女子のための競馬情報

② 大学生の休日散歩マップ。

ちょっと検索してご覧。


・・・・ほらね、一個もないでしょ?

こうやってブルーオーシャンを考える。それが稼げる思考なのだ。