ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ネットビジネスで短期間で成果を出すための勉強法と発想法

短期間でブログを使って月収100万を稼ぎたい!ネットビジネスで短期間で成果を出したい!起業で成功してみたい。

 

誰もがそう思うが、具体策がみつからない。

そんなあななにどうすればいいのか?教えよう。

どんなにHPに書いても「包み隠さず無料で全部懇切丁寧に何時間でも、教えてください。という質問が相変わらず多い(私にはそう聞こえる)ので、

 

今日の講義はネットビジネスと業界破壊について書こうと思う。この順番で勉強して行けば短期間で稼げるはず。



① 自分の属している業界の規模や仕組みを知る

② 業界を破壊できる点,矛盾点,既得権,縛りを知る

③ それをブログで破壊してみる。


いろんな方が別角度でおっしゃっているので、今更的な感じもするが、たまたま当ブログを読んでくださる方も気付いてほしいことなので繰り返す価値はあると思う。

この時期から就職活動が始まり、就活コーナーに行くと「業界地図」があるはず。是非ともにパラパラめくりながら考えて欲しい。

 

 



社会人になって経験を積めば積むほど見えてくるのが、一見自由そうに見える業界内の暗黙のルール。

みなさんの会社も取引先は○○,委託先は○○,先輩の学歴派閥,会社内のグループ構図,組合のルール。知れば知るほどうんざりするようなルールにあふれているはず。

本当は無駄なんだけど、意味がないと思うのだけど、慣例だから,習慣だから仕方がない。そんなことなんて1日何度も起きていだろう。

日本語学校で言えばVISAによる生徒の囲い込み。420時間養成講座,検定試験という選別。

 

それらのルールは大抵は特定の業界の業績を上げるために故意に仕組まれた強者のルールである。

例えば今日はオッサンとの定例個別コンサルの日(まあ、勝手に来るだけなんですが(-_-;)・・)だったが、オッサンは雨で授業半日が潰れたために強制的に月曜日に振替。もちろん残業とか休日出勤などとは認められない。


教育業界における暗黙のルールは休日出勤に残業はなし。

でもこれって最高に破壊したい業界内のルールなのである。

 

ではこの縛られた環境をどうやって破壊して行ったらよいのか?

その方法を考えて行くのである。

 
 

f:id:nihongo1000:20150709111457j:plain


業界のルールを知り、打ち破れば短期で成功できる

 

 

例えばあなたが営業マン。


お決まりの個別訪問,ルート営業などを「なあなあ」でするのが社内の暗黙のルール。間違っても地域を超えて無駄な出張サービスなどすることは許されない

営業は「10キロ以内」がその業界の暗黙のルール

でも、実はネットビジネスなら1000キロだって一瞬で飛び越えられる

自分のスキルがあるのであれば実は距離など問題にならない。

 

北海道の人が沖縄に営業をかけてもなんら問題はない。ライバル会社の営業ルートに入り込んだって嫌な顔はされないだろう。

例えばあなたは百貨店のセールスさん。

自分のフロアは子供服。そこでシャネルを売るなんてやり方をすれば、即座に先輩に怒鳴り込まれる。

でも自分で作ったホームページなら、子供服のフロアにシャネルやヴィトンを並べてもなんら問題はないはずだ。


もし、仮にあなたの目の前で子供服を買いに来ているお母さんの服がプラダだったら、本当はプラダの営業もかけられて一石二鳥なはずなのに・・・。

暗黙のルールであなたは動けないのである。


例えばあなたはケーキ屋さん

 

どう転んでもそこで自転車を売ることはできない。

 

でも私の通学路では自転車レースのためのグッズを売りながら、ついでに手作りケーキを売っている店がある。

地理的にそれが無理でも、ネットの世界ではいとも簡単にできてしまう。

もしあなたが今すぐ1億のビジネスを作りたいならば、業界の闇を知り、常識を見直し、打破することはできないのか?

少し頭をひねらせてみよう。

そこが思わぬ突破口になることだろう。