読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ネットで安い商品を売って稼ぐ販売戦略とアイデア紹介!ポッキーに学べ!

先生はネットでなら何でも売れるよ?とおっしゃってますが、実際に今食べているポッキーをネットで売るにはどうするんですか?

という質問が来たので今日のビジネス講義のテーマとしたい。

みなさんはどうするだろうか?コンビニに行けばいつでも買える「ポッキー」をブログやHPで販売しなければならないとしたら?

f:id:nihongo1000:20150708161856j:plain



すぐに3パターン以上アイデアがでる人は合格。そうじゃない人はネットで物を買わせるというセールスの視点がずれている可能性が高い。

私のくだらない授業はいつもこうして始まる(笑)

ではでは題して【ポッキーの売り方から見るネットのセールステクニック】を具体的に話して行こうと思う。


私は生徒からのこの質問に対して3つを板書して話を進めた。

その1  限定ポッキーや関連グッズからの販売

その2  ポッキーのデコアート

その3  ポッキーにチョコをつける。
     マドラーとして販売


以上について説明しよう。

 

ネットで安い商品を売って稼ぐための販売戦略

 



まずレベル1はおまけ戦略。

ポッキーの限定商品やおまけ商品を取り上げたサイトを作り、コレクターに商品を売る方法。ポッキーはチョコレート菓子という概念上でやっていく戦略だが、付随品の価値も含めて販売戦略を練る。

)


他にもポッキーと共に写っている歴代芸能人写真を売るなんて戦略もあると思う。


その2は独自の商品加工戦略である。ポッキーを単体で食べるものとして考えるのではなく、自分で勝手に加工して紹介。様々なデコポッキーの人気サイトを作る。

そのうえで、あなたもデコポッキー作ってみようぜ?

と売っていく戦略である。言ってみればリメイク商品を売るという戦略をポッキーに当てはめただけ。

その3としてはポッキーにはチョコが既にかかっているけど、その常識を逆転させる。さらに他のチョコとブレンドしたら美味しいかもよ?

ということで、売る。先にベルギーチョコなどネットでしか買えないチョコを販売してついでに売るという戦略。デコポッキーの応用。

ウィスキーのマドラーとしてポッキーを売り込む戦略はかつて成功しているので、海外にも「かきまぜ棒」として普及させる。


生徒に言わせたら「王様ゲームの道具として我が国に持ち帰る」などという下品なものがでてきたが(笑)、これもポッキーの価値だろう。キスの道具としての側面が、ポッキーに別の視点を与えてくれる。

なぜ今回ポッキーを話題にしたのかというと、この単純なチョコレート菓子には時代と共にさまざまな販売戦略が見て取れ、非常に面白いからである。

f:id:nihongo1000:20150708162059j:plain




イチゴポッキー・・バリエーション

ビターポッキー・・男性向け

アーモンドポッキー・・高付加価値

などなど時代に合わせてこの商品は形を変えて消費者にPRしていくお手本なのだ。

なぜ大学や高校では受験のみでこの視点の講義ができないのか?一緒にポッキーを食べながら販売戦略を考えたら生徒の心にどれくらい残るのか・・・。


これが出来るのは日本語学校位だな・・。と思いつつ。今回の講義のまとめとしたい。

たかがポッキー。でも生き残る商品には理由があるのだ!!

f:id:nihongo1000:20150708162115j:plain



調べてみると学ぶこと沢山ありますよ?

)





)