ネットビジネスで稼ぐための勉強法!販売とマーケティング戦略

ネットで稼ぐための発想法や勉強法、マーケッティングや販売戦略、コピーライティングなどを語りまくり。お金を稼ぎたいのならこれを読め!!

ネットで稼ぎたければ、ニッチに!マイナーに!多数決の逆を行け!

先生・・・(>_<)ネットビジネスを始めようと思い

周りの友人でアフィリエイトとかヤフオクなんかを

やっている人に聞いたのですが・・。

 

あまり儲からないよ?ってみんなに言われて気持ちが

折れそうです・・・。

 

という、良くあるどうでも良い質問が来たので放置したが、ふと考えてみた

もしかしてあなたは多数決にはほとんど民意が反映されていない

という当たり前の事実を再認識しているだろうか?

 

 

f:id:nihongo1000:20150705004754j:plain

 

こればビジネス講義なのであまり政治色などは出していないのだが

学校の授業では政経を教えたこともあるし、総合科目も扱っているので

このような話は頻出。

 

中国には選挙がなくて、日本はあるから、民意が反映されやすい?

なんて言われちゃうと

 

私はすぐに首を縦に振れないのである。

 

もちろん、中国の政治体制より日本の方がましだと思っているが。

多数決は問題を解決しないし、民意を反映していないことは事実

 

一つ生徒に例を出したのは流行の原発問題。

 

原発の是非について勝ったの負けたのやっているが、

例え原発肯定派が6割の多数決で勝ったとしても残りの4割は反対のまま

 

多数決で決まったからといってあきらめて意見を変えるほど

人は単純ではない。

 

大体、「なんとなく賛成派」が6割のうちに1割ぐらいは混じっていて

残りの反対派の意見を聞くうちに一二週間で反対派に意見が傾くことなんてザラ

 

だから、原発賛成の決定がなされた一週間後には実は反対派の方が多くなっていて

民意と決定事項のズレが起こる

 

多数決が民意に反するような状況など簡単にできてしまうという事実を

あなたは忘れていないだろうか??

 

もちろん、こんな大問題じゃなくてもネットビジネスだった同じ。

特に均衡している勢力の場合どこが流行っているだけに目を向けるのは賢くない。

 

要はあわてるなということだ。

 

時代の流れを両極端から読み解こう

 

例えばSNSでLINEが流行るとか聞いてそっちに流れる気持ちは分かる。

 

 

でも同時にLINEに顧客を取られて困ったというフェイスブック利用者の

ニーズを全て見逃しているのである。

 

LINEの集客で得する人←フェスブックの集客で損する人

 

どちらにも潜在的なニーズがある。

そしてネットで稼ぐ奴は、LINEが隆盛となったらフェイスブックに目を向ける。

 

なぜか?

 

それは困っている具合が違うから。真剣さが違うから。

 

さらにトッププロは両方でガツンと儲ける(笑)

 

今はアルコールよりもソフトドリンクだ!(-_-メ)という業界の流れは分かる。

私は悲しい限りだが・・・。

 

でも困っているし、動きがあるのは高アルコール製造業。ここにビジネスチャンスが

眠っていると考えられないだろうか?

 

草食男子が流行っていたらネットビジネスでニーズがあるのは肉食男子

AKBが売れていたら稼げる分野は演歌の世界。

 

多数決は総意ではないし、民意なんて反映していない。

ネットで稼ぎたければ・・。それを肝に銘じることだ。

 

f:id:nihongo1000:20150705004816j:plain

 

逆転の発想ができる一握りの人間が、あなたの知らなぬところで大金を手にしているのである。